So-net無料ブログ作成
検索選択

旧半平旅館の雛かざり [近隣編]

圧縮01 (2).jpg

圧縮12 (2).jpg

圧縮02 (2).jpg

圧縮03 (2).jpg

圧縮04 (2).jpg

圧縮05 (2).jpg

圧縮06 (2).jpg

圧縮07 (2).jpg

圧縮08 (2).jpg

圧縮09 (2).jpg

圧縮10 (2).jpg

圧縮11 (2).jpg

四万十町窪川の古民家カフェ半平は、明治34年に実業家 都築半平の別邸として建てられ、昭和期の戦後は「半平旅館」の屋号で旅館業を営んできた。 平成20年に四万十町に寄贈後は一般公開され、カフェとして利用されている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明治19年建築の旧青山文庫 [近隣編]

10.jpg

09.jpg

07.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

08.jpg

05.jpg

06.jpg

01.jpg

佐川町上町にある木造洋風建築のこの建物は、明治19年に須崎警察署佐川分署として建築され、大正11年には佐川警察署として独立した。 昭和5年に青山会に払い下げられ「青山文庫」の名称になったが、現在は佐川町教育委員会の所管で「佐川文庫庫舎」として利用されている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感