So-net無料ブログ作成

大月のコウノトリ Ⅱ [野鳥]

202.jpg

203.jpg

205.jpg

208.jpg

211.jpg

216.jpg

220.jpg

221.jpg

222.jpg

223.jpg

コウノトリは帰巣本能が強い鳥なので、大月町に五ヶ月間滞在している「翔くん」も、やがては生まれ故郷の千葉県野田市に帰るのだろうか。 兵庫県で放鳥したコウノトリは三年間かけて北海道にたどり着いたので、まだまだ「翔くん」は旅を続けるのかもしれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大月がお気に入りのコウノトリ [野鳥]

02.jpg

01.jpg

07.jpg

06.jpg

302.jpg

04.jpg

303.jpg

大月町弘見に千葉県野田市からコウノトリの翔(しょう)くん(2015年3月24日生まれ)が、はるばる1500キロの旅をして五ヶ月間居ついている。 千葉県から北陸を回り兵庫県から徳島県そして高知県に入り、高知県の西の端 大月町に放鳥から半年間かけてたどり着いた。 背中につけたGPSで現在地がわかる。翔くんと 同時に放鳥したコウノトリの未来(みき)ちゃんは今 滋賀県米原市に居るもよう。 野田市のホームページにコウノトリの位置情報が載っている。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松田川の鯉のぼりと「だるま夕日号」 [宿毛市]

01.jpg

03.jpg

05.jpg

07.jpg

08.jpg

宿毛市街地の側を流れる松田川で、ゴールデンウイーク恒例の鯉のぼりの川渡しが始まった。 快晴で風が止んだ時にだけ川面に映る鯉のぼりを撮影していると、土佐くろしお鉄道のラッピング列車で、やなせたかし先生デザインの「だるま夕日号」が鉄道橋を渡って来た。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感